Moment's Notice
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
PROFILE
TOMO
  • TOMO
  • TOMOです!!
    ぜひお友達になってやって下さい!
  • RSS1.0
  • まとめ
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
デアゴスティーニ 零戦をつくる008
零戦をつくる026

コクピット後ろに酸素ボンベを3本と高圧油タンクを設置です。
外板張れば見えなくなるところなのでボンベなんかはお遊びで結構傷入れました。
まぁ~ボンベなんかは出し入れや運搬中に結構傷つけると思うので
あながちウソでもないとは思います。

続いてようやくコクピット突入です。

零戦をつくる027

まずはメインの計器板のようでこんな感じになりました。
正直普段作っているプラモに比べてかなり楽です。
まず大きさが大きいですし計器はシールになっていて
クリアパーツを上から貼り付ける形なのでです。
おまけに金属なのでこんな感じで塗装を剥がしたりしてもすごくリアルにできます。

そしていよいよ左主翼内部の突入です。

零戦をつくる028

じゃーん!
こんな感じで各リブを外しても間違えないように原寸図が入っていました。
燃料タンク、20ミリ機銃を加えてこれらを再び組むと…

零戦をつくる029

零戦をつくる030

無塗装時とは比べ物にならないぐらい迫力あります。
最後の写真なんか見てもらうとわかると思いますがすごくメカニカルですよね。

ちなみにこれ塗るの丸々半日かかりましたw
もうねすごいよ塗料の消費量も半端ないし
買ったばかりのコンプレッサーなんかオーバーヒート気味になりましたw
もちろん人間への負担もすごくて肩はガチガチだし腕は筋肉痛ですw
模型で筋肉痛になったのはさすがに初めてですねw
缶スプレーで吹いちゃえば楽なのでしょうけど
この感じだと間違いなく細部には塗装が入り込みませんね。
塗料の消費を度返しにしてガンガン吹こうかとも思いましたが
青竹色は乗りもあまり良くないのでチマチマパラパラ吹きました。
じっくり見れば多少ムラもありますがこのサイズですからまずわかりませんね。
リタッチしたってほとんどわからないんですもんw
こういうところは大きなキットならではかも知れませんね。


スポンサーサイト

【2011/10/22 22:18】 デアゴスティーニ 零戦をつくる | TRACKBACK(0) | COMMENT(7)
このページの先頭へ
<<2011入間基地航空祭001 | BLOG TOP | デアゴスティーニ 零戦をつくる007>>
この記事に対するコメント
タイトル
おはようございます。

青竹色、すごくきれいですね。
主翼内部の写真とか、すごくかっちょいいです。
いずれ隠れてしまうかと思うと、ちょっともったいないですね。

計器板の写真も精密でいいですね。
コクピット全体が出来上がったときが、今から楽しみです(^_^)

写真だとあまり意識しないのですが、3枚目の写真の新聞紙とかと比べると、
現物はかなり大きいんですよね。
翼の塗装、大変だったと思いますが、これからもがんばってくださいね。
次の更新も楽しみにしてます。

【2011/10/23 09:53】 URL | 園場成之 #V8Rn6giI [ 編集 ]
タイトル
園場さんへ

青竹色は金属地、特にアルミは発色がすばらしいです。
仰るとおり勿体無いなぁ~と思います。
自分なら半スケルトンモデルで作るかな?

計器版は不満があるとすればここにはないのですが
機銃に弾が送られる通り道(名前知らないw)の形状がおかしいことと
計器のクリアパーツのツヤが浮いてしまうことですかね。
うまいことあとから調整できればと思ってはいますが。

大きいですねぇ~
方翼だけで30センチはあるのではないでしょうか。
48の爆撃機クラスの大きさですね。
【2011/10/23 20:42】 URL | TOMO #- [ 編集 ]
タイトル
こんにちは。

これは本当に骨組みにふたしちゃうのがもったいないですね。
コックピットの計器板もスケールメリットを生かした、計器を実際に取り付けた凹凸がいいです。
【2011/10/24 06:20】 URL | パテ埋め #xfEiCw62 [ 編集 ]
タイトル
凄い迫力!
青竹色、綺麗ですねぇ。

計器板、良い仕上がりだと思いますよ~。

焦らずじっくりいきましょう。
【2011/10/24 19:30】 URL | ピカ #- [ 編集 ]
タイトル
パテ埋めさんへ

自分もそう思います。
まったく実機通りというわけじゃないのですが
模型としてはかなり近いですから本当に勿体無いと思います。

計器板は仰るとおり立体的なので大変すばらしいかと。
32サイズでもこれをやるのは厳しいですものね。


ピカさんへ

青竹色は日本軍機以外で使ったことないですから
ピカさんのようなロボ畑の人には馴染みが薄いかもしれませんね。
プラで使っている時はここまで感動しませんでしたが
地が変わると本当に化けますねぇ~
ロボなんかでもポイントに使ったりできませんかね?


【2011/10/24 22:02】 URL | TOMO #- [ 編集 ]
タイトル
こんにちは。^^

左主翼などを全部 塗装されたのですか、、、筋肉痛までされて、作業お疲れさまでした。
それにしても、凄いです!
鮮やかなブルーがキラキラしていて、迫力満点です。
この複雑さ、大きいキットでも目が痛くなりそうな細かさでしょうね。。。

模型で筋肉痛、僕はまだ経験したことがありません。
そういえば、HMMジェノブレイカーで手がつりそうになったことがありますw
【2011/11/01 16:23】 URL | 柊 真 #dnikPe9E [ 編集 ]
タイトル
柊 真さんへ

塗装しましたよぉ~
すごく疲れましたw
やっぱゾイドでもなりそうじゃないですか筋肉痛w
【2011/11/03 22:33】 URL | TOMO #- [ 編集 ]
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://tomosp.blog22.fc2.com/tb.php/275-e5f6cf09


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。