Moment's Notice
05 | 2014/06 | 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
PROFILE
TOMO
  • TOMO
  • TOMOです!!
    ぜひお友達になってやって下さい!
  • RSS1.0
  • まとめ
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
デアゴスティーニ 零戦をつくる034
零戦をつくる113

何度も何度も壊しているインテークはこんな感じです。
接着面が少ない上にそもそも形状が合わないので
写真で見える主翼付け根と同じようにパテやら接着剤やらで
形状整えながらなんとか付けているのですぐに壊れてしまうんですね。
説明書に載っている作例も主翼前縁部分なんかもひどい有様ですし
どうにもできないのでしょうけど…

さてキャノピーを少し進めました。

零戦をつくる110

と言ってもまたしても破損…
以前真っ二つに折ってしまい何とか接着していたのですが
さすがに強度不足でまた折れました。
調べてみるとこのパーツ何人も折られている様子…
そりゃそうだよね大きさに比べて明らかに強度不足。
アルミの外板を貼り付けるなんてことするなら
フレームを金属化して窓部分をはめ込む構造の方が
作り易いしずっと強度も強いと思うのですがね…
本当にデアゴの考えていることはわからん…

零戦をつくる111

んで試しに切り出して外板あてがって見ましたが
予想はしていたけどたわみが出ます。
赤丸の部分が膨らんでしまいこのままでは接着することもできません。
これは一枚の板から切り出して張り付けるわけですから
当然キャノピーのような三次局面に合うはずがないんですよね。
この部分は明らかに一枚で対応するのではなく
分割した状態で製品化するべきなのですが
ユーザーに丸投げな上に説明書にはさも簡単に貼れる様に書かれているのが
腹が立ってきます。
おまけにキャノピーのフレーム部分の凹凸とも微妙に合わないので
先に裏を塗った事が裏目に出ました。
裏の塗装はやり直しかも…

零戦をつくる112

きちんと機体とキャノピーを合わせてはいませんが
ざっと合わせただけでこれだけ隙間ができます。
この部分は外側からもう一枚外板貼るようですが
そもそも最初からキャノピーの形状を合わせようって気もないみたいです。
一番の難所になるだろうと覚悟はしていましたが
正直ここまでヒドイとは思いませんでした。
これは難題が山積みですね。
さてどうしたものか…



スポンサーサイト
【2014/06/27 00:15】 デアゴスティーニ 零戦をつくる | TRACKBACK(0) | COMMENT(5)
このページの先頭へ
デアゴスティーニ 零戦をつくる033
零戦をつくる108

はい前回の続きです。
うまいことパネルの固定方法が見つかったので早速パネル側の加工です。
と言っても写真のように難しいことは何もしていません。
磁石と外板の隙間を測りNTカッターの刃を2枚重ねた物を
パネルの裏側に貼り付けただけです。

零戦をつくる109

最初はなにもせずに瞬間接着剤でつけて見たのですが
さすがに接着力が弱く磁力に負けてしまいベリッと…
仕方がないので接着面をリューターで荒らして接着すると
今度は磁力に負けないようになりました。
若干の隙間は見られますが引き渡す際に
裏のエッジに両面テープでも貼っておけば大丈夫そうです。

と一段落付いたそばからまた機体を落としてインテークもげたわw
マジ脆いこのキット…



【2014/06/22 01:14】 デアゴスティーニ 零戦をつくる | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
このページの先頭へ
デアゴスティーニ 零戦をつくる032
ホビーショー以来のご無沙汰です。
3月末に大和を完成させてから4月辺りはぼーっとしてましたが
5月辺りから模型再開していました。
そうですゼロ戦ちゃんです。

ゼロ戦の前回の更新を見てみるとお正月辺りでしてかれころ半年振りになるわけです。
前回はキャノピーのスライドレールの下辺りの整形途中で終わっていましたが
その後その辺りや主翼リーディングエッジ辺りの整形を再度しまして
エンジンカウルの製作に入りました。
こいつがまた難物でして…
なにがマズイかっていうと歪んでるんですねぇ~

零戦をつくる101

おまけに写真の赤い箇所のようにカウル接着しようとすると
この辺りが出っ張っていて浮きます。
だもんでまたせこせことすり合わせなんかをしていくわけです。

零戦をつくる103

すり合わせを終えて接着段階に入ると裏がエライことに…
歪みを修正しながら瞬間接着剤だけで固定していくのですごい隙間ができました。

零戦をつくる102

こちらがなんとかすり合わせたり歪みを修正したりして組んだ物です。
上部カウルになるので機銃のスリットがあります。


零戦をつくる104

上下のカウルそれぞれ調整しながらうまく合わせられる様にするのが非常に手間です。
また機銃のスリット部分のパーツもRがまったくあっておらず調整してもダメだったので
瞬間接着剤とパテを隙間に入れて整形する羽目に…
本当にこのキット最悪です。


零戦をつくる105

そろそろゴールがほんの少し見えてきました。
キャノピー!
キャノピー出てくると飛行機はゴールが近いよねぇ~
でもね甘い!
こいつがまた面倒なんですよ。
このキャノピーもねアルミの外板はるんですよw
最初説明書見た時マジかよっ?って思いましたわ。
んでまず下準備としてキャノピーの裏側を塗装しました。
機体内色で塗れば良かったのですが黒だと色が強いので多少立体的効果が上がらないかなと?
期待をしましてあえて黒で。


後面倒で放置していた問題もここで処理することに。
というかここでやらないと塗装に入れません。

零戦をつくる106

主翼上面にある主脚の折り畳み可動の調整ネジがある箇所です。
この上に一枚外板パネルが来るわけですがどうしたものかとずっと悩んでしました。
機銃のパネルなんぞも開閉式になっていたのですが人様に渡すので
トラブルの元はなるべく潰す為に容赦なく接着しちゃいましたが
この部分だけはどうしてもできません。
そこで先人の知恵を拝借しまして磁石を使った開閉にしようと思います。

零戦をつくる107

ダイソーに売っていた写真のマグネットを破壊して磁石を取り出しまして
ネジ部分に当ててみると…
すぽっと入ってしまったw
なんだこのジャストサイズはw
おまけにネジに上手いこと張り付いてくれてるのでなんの接着も要りません。
磁石自体もピンセットなどで取れば問題なく外す事もできました。
開口部を多少広げましたが上にパネルが来るのでそれも問題なし。
よし機体側はこれでOKだ。
次回はこのパネル部分の作成からですな。



【2014/06/20 23:54】 デアゴスティーニ 零戦をつくる | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。