Moment's Notice
01 | 2013/02 | 03
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
PROFILE
TOMO
  • TOMO
  • TOMOです!!
    ぜひお友達になってやって下さい!
  • RSS1.0
  • まとめ
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
なし
親父が旅行にカメラ持って行ったのでしばらくお休みします。

てかP-40Eねノーズのデカール取れたw
意味ワカンネwwwwwwwwww




スポンサーサイト
【2013/02/28 00:42】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(7)
このページの先頭へ
P-40E 011
足回りなどの小物の塗装も終わらせたので
ぼちぼち組み始めました。
ブレーキホースを付けようと資材箱から
洋白線を探したのですが見つからない。
どうやら使い切ってしまったようです…
洋白線って最近は模型屋でなかなか売っていないと思うのですが
ネット以外だとどこで売ってるのでしょうかね。
仕方がないのでリード線を分解して
3本を束ねて使ってみました。

P-40E032.jpg

赤線の方はおそらく駐機させて固定するのとかに使うと思われる
輪っかを追加しました。

でっこの機体アンテナ線の張り方がよくわからなくて
いろいろ調べてみたのですが現存する機体はE型でも
大戦機によくある棒の先からのびるタイプが多いのですが
箱絵を見るとこの棒がなくて機体にダイレクトに付いているのですよ。
おまけに垂直尾翼から左右の主翼にものびている資料もあり
E型に限ってもさっぱりわけがわかりません。
しかも機体にダイレクトに付けるのってかなり難しいと思ったので
今回はこんな形にしました。

P-40E033.jpg

型違いのために入ってる棒状の部分をカットして短くし
そこに穴をあけて銅線をぐるぐる。
この銅線を使う方法は現役自衛官の方に教えて頂いたもので
今回試してみました。
銅線と言っても正体はさきほど使ったリード線を分解したものなのですが
こいつが非常に加工しやすいのですよね。
おまけに太さも0.1ミリとかですからいろいろ使えます。
でっ反対の垂直尾翼側…

P-40E034.jpg

穴あけて通してあったのですが洋服に引っ掛けて
一回ぶちきってしまったので泣く泣く瞬着で…
せっかく綺麗だったのに…

あとは気が付かないうちに水平尾翼に接着剤を延ばしたような跡が
ついてしまったりとしてますが
なんとか汚しで誤魔化す方向で進めたいと思います。



【2013/02/24 21:57】 ハセガワ 1/48 P-40E | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
このページの先頭へ
P-40E 010
P-40E029.jpg

メインの塗装が終わったので細々した物の塗装に入りました。
脚庫は最初にチョロっと塗ったのですが
作業の工程上もう一度塗ることに…
見えなくなる場所なので適当に吹き付けます。
この方が後で汚す時も雰囲気が出るかと。

でっここで普通なら脚とかアンテナなんかを塗って行くのですが
今回は派手なデカールなので先に貼ってしまいます。

P-40E030.jpg

TOMOはデカール超苦手なので
なんでこんな塗装の機体を選んだのか後悔しまくりました。
この部分のデカール左右で4分割だったのでマジ泣き入りました。
どうしてもつながらない場所はリタッチで対応しました。
でっ剥がれたら厄介なのでデカールの上をクリアで押さえました。

P-40E031.jpg

あとは胴体後部のブルーのライン塗って他のデカール貼ってここまで!
デカールは残りプロペラのみとなったので一安心です。
キャノピーも塗装完了してるのでこれからは小物の塗装して行く予定です。



【2013/02/21 21:23】 ハセガワ 1/48 P-40E | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)
このページの先頭へ
P-40E 010
P-40E025.jpg

先行してるのでドンドン載せていきます。
途中写真抜けたりしてますけど…

茶色終わったので緑の塗装のためにマスクします。
説明書の拡大コピーの裏に両面テープを貼り一緒に切り出します。
プラモに貼る時は粘度を十分落としてから貼りました。
でっ今度は茶色と逆にハイライトから入れてみた。
写真は機体の左側がハイライトとシャドウの2色で
右半分がハイライト1色かな?
茶色の時シャドウがきつく馴染ませるのに時間がかかったので
緑の方はハイライトよりで進めてみました。

P-40E026.jpg

ベースまで塗った所です。
うん!やっぱりハイライト強くした方が早いですね。
でっ写真だと緑も茶色もベタ塗りに見えますけど
肉眼だとちゃんとグラデしてるの見えますが弱いですね…
なので手直しついでにここから冒険…

P-40E027.jpg

P-40E028.jpg

汚しをラッカーで入れちゃいました。
綺麗目な模型が好きなので普段はこんな汚しやらんのですが
なにぶん汚いイメージのある機体ですから
まぁ~良いかなとw
この段階で汚し入れた事ないので
この先どうなるのかわかりませんが…
まぁ~いつも同じやり方じゃつまらないし良いですよね。



【2013/02/19 21:59】 ハセガワ 1/48 P-40E | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
このページの先頭へ
P-40E 009
P-40E024.jpg

茶色終わりましたぁ~
なんか塗装してて砂漠仕様の戦車塗ってる気分でしたw
やっぱりモールドの色黒だと時間かかるし厚くなるし
少し考えないとダメですね~
全体を黒で薄く吹く方がなんか楽そう…

あとはマスキングして緑だぜ!



【2013/02/17 20:48】 ハセガワ 1/48 P-40E | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
このページの先頭へ
4号D型001
4号D型004

いきなりドーン!
ガルパンでお馴染みの4号D型作ってみました。
去年の春頃から戦車作ってみたくて
買いこんでは来たのですが未だに作れていないので
小さい物をと思いウォーホーク作りながらやってみました。

4号D型001

ドラゴンの1/144キットです。

4号D型002

恐ろしいことにこのサイズでエッチング付いて来ますw
嫌がらせ以外何者でもありませんw

4号D型003

だってこんなに小さいんだよw

僕は戦車詳しくないので適当に少しだけ手を入れました。
砲と機銃をアルミパイプと真鍮線に置き換え
砲の下にあるよくわからない物を真鍮線で作り直しました。

今黒吹いてあるのでウォーホークと一緒に
後から塗装することにします。
それにしても小さいのによくできてるなぁ~



【2013/02/17 00:13】 ドラゴン 1/144 4号D型 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
このページの先頭へ
P-40E 008
P-40E022.jpg

下面の塗装終わりましたので上面へ入ります。
この機体私の嫌いなきちんと塗り分けられた迷彩です。
いつも面倒なので適当な迷彩なのですが
今回は説明書に沿ったものでやってみることにします。

でっ写真のように説明書を拡大コピーして
裏面にマスキングテープ丸めて貼り付けました。
このまま使うと思うでしょ?
使いませんw
今回は面倒なことします。
水性のフェルトペンでこのラインに合わせて
直接描き込んじゃいました。
何でこんな面倒なことしてるかと言うと
二色の迷彩ですから境界がある程度わからないと
後から塗る方のシャドウ消しちゃうんですよね。
説明書と睨めっこしながら塗ればできないことないのですが
ちょっと面倒なので今回はこういう方法でやってみました。

でっ現在このマスク取っ払って茶色から吹き付け中です。

あとパーツ来たよ。
電話したら次の日に来たから驚きました。



追記です。

P-40E023.jpg

二色塗り終わったので写真載せます。
あとはベース吹いて色調整して茶色はおしまい。




【2013/02/17 00:04】 ハセガワ 1/48 P-40E | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
このページの先頭へ
P-40E 007
P-40E021.jpg

面倒になってきたからほとんどシャドウ消しちゃったw
ハイライト入れれば目立つのですが
下面だからどうせほとんど見えないから良いよねぇ~
本来もっと暗いグレーなのですが上面の色と合わせると
バチバチになりそうなのでかなり明るめの色にしました。

次はマスキングして上面の茶色かなぁ~

あとパーツ来たよ。
でもねVパーツ頼んだのに来たのはWパーツ!
やってくれたぜハセガワ!www
明日電話しねーとw




【2013/02/14 01:07】 ハセガワ 1/48 P-40E | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
このページの先頭へ
P-40E 006
P-40E019.jpg

P-40E020.jpg

塗装開始です。
キャノピーのパーツをゲート処理してたら
なぜか割れる事件が発生した為今回はキャノピーなしで塗って行きます。
パーツの方は注文済みなのでぼちぼち来るかな?

ってことで下地というかモールドラインから。
この段階で継ぎ目の処理が甘い部分もわかるので
僕にとってはサフみたいなものです。
なので数箇所手を入れなおしてまた吹いてとやるわけです。
かなり適当に吹いても後からどうにでもなるので大丈夫です。

あとワンフェスのお土産…

WF2013winter021.jpg

WF2013winter022.jpg

キットを買ってくるのも嬉しいものですが
僕はこういう物とか買ってくるのが好きです。
上は楕円ゲージでスジ彫りやマスキングのカットに使おうかと。
さっそくこのP-40でもキャノピー部分でマスキングに使っています。
下はコースターみたいな物でおばあちゃんが売っていました。
以前にも拝見したのですが今回は半額だったので
思わず買ってしまいました。
和物のフィギュアとかのベースにも使えそうだし
和物のお裁縫とかで人形とか作ってる方にあげても良いかなぁ~と。
もっとたくさん買ってくれば良かった。
いつもはもっと工具や塗料とか買ってくるのですが
今回も企業ブースに行けませんでしたのでおあずけです。



【2013/02/13 00:03】 ハセガワ 1/48 P-40E | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
このページの先頭へ
ワンダーフェスティバル2013冬
ワンフェス行ってきましたぁ~
今回は最近ニコ生やブログで仲良くして頂いている
『大正堂』の明智さんの所へ遊びに行ってきました。
お目当ての竹中半兵衛が売り切れていて悲しかったですが
次回作などを見せて頂き友人共々大変楽しく過ごせました。

やはり近年のワンフェスになれていない為
時間配分がうまくできず全てを見て回ることができず
非常に無念でした。
もっと時間をかけていろんなディラーさんをじっくり見たかったぁ~
ワンフェスは晴海時代から行っていますが
客層などはずいぶん変わりましたけど
イベントの存在意義は今も昔も変わらずとても楽しいイベントでした。

WF2013winter001.jpg

WF2013winter002.jpg

WF2013winter003.jpg

WF2013winter004.jpg

WF2013winter005.jpg

WF2013winter006.jpg

WF2013winter007.jpg

WF2013winter008.jpg

WF2013winter009.jpg

WF2013winter010.jpg

WF2013winter011.jpg

WF2013winter012.jpg

WF2013winter013.jpg

WF2013winter014.jpg

WF2013winter015.jpg

WF2013winter016.jpg

WF2013winter017.jpg

WF2013winter018.jpg

WF2013winter019.jpg

WF2013winter020.jpg




【2013/02/11 00:39】 模型 | TRACKBACK(0) | COMMENT(7)
このページの先頭へ
零戦五二型を見てきたよ
C-46.jpg

今日は専門時代の友人と高校時代の友人三人で
市内の航空公園へ零戦見てきました。
と言ってもコストコへ行くのが目的で零戦はついでだったのですがw
なので現地へ着いたのが4時過ぎであまりじっくりは見れませんでしたが
逆にぜんぜん人がいなくてゆったり見れました。
この点は地元の強みですねぇ~

Zero fighter Type 52 001

Zero fighter Type 52 002

Zero fighter Type 52 003

Zero fighter Type 52 004

Zero fighter Type 52 005

こちらの機体は日本発の飛行場が所沢に誕生して100周年の記念に
プレーンズオブフェイムから期間限定で貸し出されているものです。
現存する飛行可能な唯一の零戦ですね。
昔は竜ヶ崎にも来ましたよねぇ~

いやぁ~かっこいいですねぇ~
飛行している機体だけありへたるところはへたっていて
外板なんかもかなり波打ってます。
しかし上から見るとプラモデルにしか見えないw

Zero fighter Type 52 006

コクピットはこの程度しか見えません。
後ろに写ってる年配の紳士は
ボマージャケットをかっこよく着こなされていて
TOMO的にツボりました。

Zero fighter Type 52 008

エンジンもフラッシュ焚けばこのぐらいは見えます。

Zero fighter Type 52 009

オイルクーラーからはオイルが漏れている様子で
下に受け皿が置かれていましたよ。

Zero fighter Type 52 011

胴体後部下面に追加のアンテナがありました。
おそらくVHFのアンテナだとは思うのですが
わかる方いらっしゃいませんか?

零戦をつくる080

最後はTOMOも製作途中のデアゴ零戦。
半スケルトンで組まれたようですね。
どなたが作られたものかわかりませんが
やっぱりこのキット限界を感じる箇所がたくさん見受けられました。
この方の技量とかそう言う問題ではなく
いろいろ厳しすぎるキットなんだなと改めて思いました。
しかし完成するだけでも本当にすごいと思いました。

いや零戦マジかっこいい!
やっぱり大好きです。
河口湖にも展示されているものもありますが
この機体はやはり飛行可能な機体ですから臨場感がはんぱないです。
おまけに展示の仕方が非常に上手で
ライティングもしっかりしていますので細部まできちんと見ることができます。
もし興味がある方はぜひ見に行ってみると良いですよ。



【2013/02/07 21:21】 飛行機 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
このページの先頭へ
P-40E 005
P-40E017.jpg

ここまで進みました。
マジこのキット大戦機じゃねぇっ!
分割が多すぎっ!

P-40E018.jpg

写真撮っていませんが主翼下面にあと4箇所ありました。
でもまー仕方ないですねかねぇ~
バージョン違いで出してくれる分まだ良いよね?

でもポリパテ使うとは思わなかったw
ノーズ部分はまったく形が合わないし
変なモールド入ってるし…
機銃はE型にしては長過ぎるので後で交換するか切るかしますね。

あとは小物関係処理してマスキング入ります。



【2013/02/06 23:25】 ハセガワ 1/48 P-40E | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。