Moment's Notice
10 | 2011/11 | 12
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
PROFILE
TOMO
  • TOMO
  • TOMOです!!
    ぜひお友達になってやって下さい!
  • RSS1.0
  • まとめ
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
デアゴスティーニ 零戦をつくる013
前回から探し回っていたM1.0×6ミリのネジ見つけました。
大型ホームセンターを3件ほどはしごしてなんとか発見できました。
さっそく主脚にネジ止めしてほっとしました。
でっもう一つ破損パーツは注文して無事パーツが来ましたが
オーナーが注文したのですがなぜかそちらの方へ配達…
理由を聞くと家の近所のラーメン屋に行きたいので持って行くとのことw
なんだそりゃw

でっついに外装へ突入しました。
エルロンへの羽布張りです。

零戦をつくる048

エルロンの骨組みはこんな感じね。
でっここにこれ張ります。

零戦をつくる049

この面は台紙なので黄色いのですが反対側はなんと和紙です!
和紙の裏にのりが付いていてこれを切り出し張って行くわけです。

零戦をつくる050

こんな感じにね。
正直超びびりまくりでしたw
でも張って見るとなんていうかシール?
シール張っている感じに近いかなぁ~

零戦をつくる051

でっ完成するとこんな感じ。
2個目はコツがわかったのでトレーリングエッジ側を少し大きく切り出し
張り付けてからカットしました。
それにしても難度たけぇ~よこのキット!
あと追加で書いておくと説明書にはこの作業を主翼に組み込んだままやれと
鬼のような事が書いてありました。
マジキチデアゴ!

あとはエンジンが少し進みましたね。

零戦をつくる052

零戦をつくる053

写真のようにデスビと点火プラグのコード、
それに防風板をプラスしてよりエンジンらしくなりました。
それとエンジン架も組上げて塗装。
エンジン周りはいろんな材質使っているので同じ色で塗装しても
まったく色が変わってしまいます。
困った物だ…



スポンサーサイト
【2011/11/27 18:35】 デアゴスティーニ 零戦をつくる | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)
このページの先頭へ
デアゴスティーニ 零戦をつくる012
零戦をつくる044

右主翼もほぼ完成です。
並べてみるとしいやぁ~デカイ!
写真撮るのも一苦労です。
んで塗装が非常に面倒でしたが2個目なので組み立てはあっという間です。
残りの作業は何だエルロン?
これがまた面倒そうでなんと破風張りの再現のために
外板が紙だそうですw
めちゃくちゃ不安…
しかもそれが終わればいよいよ外板の張り込み作業があるようで
まさに修羅の道と言った具合でしょうか。
心配だぁ~

そしてここで悲しいお知らせ…
右フラップのヒンジを誤って左右逆に付けてしまい
ガッチガチに瞬間接着剤で固定したため取り外そうとしても
なかなか取れなくて破損させてしまったので現在パーツ請求中…
複製できるような物なら作ってしまうのですが
可動部分ですしちょっと形を間違えると致命的なので諦めました。
後もう一つ紛失物が右主脚のシンダーを固定するためのネジがどっかに…
反対側を外して採寸するとM1の6ミリネジだとわかったので
おいおいホームセンターで探してきます。

でっ次コクピット…

零戦をつくる045

零戦をつくる046

零戦をつくる047

こちらの方は今のところ順調です。
計器やスイッチ類なども増えてきて非常に賑やかになってきました。
まだ汚しは入れてないですけどそろそろ様子見てやっていかないと
手が入らないなんてことになりそうなのでそろそろ汚さないとかな?



【2011/11/23 05:59】 デアゴスティーニ 零戦をつくる | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
このページの先頭へ
デアゴスティーニ 零戦をつくる011
左主翼が外板を残して完成したようで
酸素ボンベの残りを作りました。
って6本って結構多くね?

零戦をつくる041

手は入れないと言っていたのにここへ来て我慢できなくなり
酸素系統の配管を通しました。
0.28ミリの銅線を使い参考にしたのはイギリスの博物館にある零戦です。
ただ取り回しは非常に怪しいです。
実機ではおそらく床を這っていたんじゃないかと思うのですが
模型的に見てこの取り回しは面白いと思ったのでこのようにしてみました。
まぁ~あくまで自己満足の範囲ですね。
ちゃんとやるなら電線からなにからみんな通せって話になっちゃうので
面白そうだからやったってことで…

零戦をつくる042

零戦をつくる043

あと右主翼の骨組みもほぼ組みあがりました。
ここには写っていませんが燃料タンクも組み立ててあるので
残りは面倒なフラップと主脚、LEDですね。
今度はそれらを組み立てて一気に塗装してしまおうかと。
それにしてもまだ40号かよ!



【2011/11/18 22:51】 デアゴスティーニ 零戦をつくる | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
このページの先頭へ
デアゴスティーニ 零戦をつくる010
前回から主脚に入りましたが続きから再開しました。
まず驚いたことにこのキットの主脚にはバネが内蔵されていて
きちんと可動しました。
んでさらに翼内にこれらを組み込んだのですがこちらにもギミックが…

零戦をつくる035

零戦をつくる036

主脚にギア付けて可動できるようになってました。
すごいと思いましたがこの可動をすると主脚とリブが干渉して塗装が剥げましたw
腹が立つ機構だわw

零戦をつくる037

んで写真に写っているようにフラップも組んで組み込みましたが
これを組むのが非常に大変でした。
キットには粗末な冶具しか付いていませんでしたし
ここでも瞬間接着剤との戦いでして強度を取るか見た目を取るかで
毎度毎度悩むのですがこの部分は強度を取りました。
ヒンジでの展開が可能なのでなるべく壊れないようにとの配慮からですね。
こんなところあとあと壊したら絶対に修復できそうにないですからね。

零戦をつくる038

零戦をつくる039

零戦をつくる040

でっお次はコクピットですが現在こんな感じです。
メインの計器板組み込みまして可変ピッチレバーなども取り付け始めました。
コクピット内は照明内部にLEDの電飾が施されるので
完成したら賑やかになりそうです。
あとは座席後ろの隔壁とかもぼちぼち汚したり塗装剥がしたり始めました。
あとあと付けるものとバランス取りたいので手が入る内は少しずつ様子見ながら
進めるような感じにしようかと思っています。
いやしかしこういう汚しとか塗装剥がしとか楽しいけど
やっぱり苦手な感じですね。
ただ今回はすごく大きいのでやっぱり多少こういうのを入れていかないと
間延びしてしまいそうだと汚しが嫌いな者の目から見ても思いましたね。
苦手ながらがんばることにします…



【2011/11/15 03:46】 デアゴスティーニ 零戦をつくる | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
このページの先頭へ
デアゴスティーニ 零戦をつくる009
航空祭やら友人の結婚式でだいぶ日が開いてしまいましたがゼロ戦再開します。
まず前回致命的なミスがありました。
意気込んで左主翼組んでいましたがLEDの配線を通していませんでした。
不親切にも説明書に載っていないんですよ…
ばらして再び組みました。

零戦をつくる033

配線きっつきつです。
これ通すの結構時間かかりましたよ。

でっバラバラだったエンジンも組みました。

零戦をつくる031

零戦をつくる032

はっきり言って歪んでますw
シリンダーの取り付けがなぜか捩れまして何回やってダメw
削ろうかとも考えましたが面倒なことになりそうなので
ヘッドカバーとエンジンリングを歪ませてなんとか組みました。
こんな筈じゃなかったのにな…
非常に不満でしたがオーナーから見えなくなるだろうから良いよとのことなので
先に進めることにします。
エンジンンの残り作業は終盤辺りにまたあるようです。

でっお次は足回りに突入。

零戦をつくる034

この部分はシリンダーもありますし地金を生かすことにしました。
ホイールなんかバッチリ汚したのですがカバーが付いたので
まったく見えませんw
反対側はやらないことにしますw

以上ここまでの作業で30号まで来ました。
残りの巻数は2/3ぐらいになりましたが
塗装や外販のこと考えると20%来たかどうかと行った所でしょうか?
何れにせよまったく終わりが見えませんねw
年内中はもう不可能そうです…

関係ないですがテレビ兼PCモニターのアクオス君が壊れましたw
使っている最中にいきなりバチッと消えちゃいまして
それ以降電源入れても保守回路が働き映りません。
修理費聞いてみると2万5千円ぐらいと言われたので修理しようか買換えようか…
修理箇所は見当が付いているので開けてみようかどうしようか?w
とりあえず液晶モニターを知り合いから貰って来てPCやっていますw
TVはあんま見ないので問題ないといえば問題ないのですが
Fateだけはリアルタイムで見てぇ~w



【2011/11/10 22:00】 デアゴスティーニ 零戦をつくる | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
このページの先頭へ
2011入間基地航空祭004
ラストはその他の機体という事でT-4とかを…
3枚目はハンガー内でなんかオペレーションやってたみたいですね。
足の出し入れのとかですかね。
見慣れたものでしたが音とかすごく懐かしかったですね。
5枚目は珍しいE-2CとCH-47のショット。
今までならとてもじゃないけど写真にならなかったけどテレコンのおかげで
こういう写真もものにできるようになりましたよ。
ラストのC-1はテレコン改造の時のテストショットで家の玄関から撮影したものなのですが
後から見てみると後部のドアが開いている。
普段気が付かないけどやっぱり航空祭の練習絡みだったのでしょうかね?

というわけで今年の入間はこんな感じです。
新しい仕様で撮影したので楽しかったです。
半マニュアル状態なのでピントが外れている物もかなりありましたけど
それはそれでなかなかスリルがあって宜しいかとw
また来年が楽しみです。



2011入間031

2011入間032

2011入間033

2011入間034

2011入間035

2011入間036



【2011/11/05 15:18】 飛行機 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
2011入間基地航空祭003
3回目はブルーです。
さすがに500ミリ近くなると編隊は収めるのが大変で今までとの勝手の違いで悩みました。
ただチャンスは確実に増えていましてソロ機はかなり大きく写せますし
かなり遠方も写すことができるようにはなりました。
ただし今回天気も悪かったですし、初めてと言うことで上手く撮影できませんでした。
まぁ~入間や横田に出かけてたまに練習しないとダメそうですねw
来年は300ミリ用意して720ミリ仕様とかやってみても面白いかも?w



2011入間011

2011入間012

2011入間013

2011入間014

2011入間015

2011入間016

2011入間017

2011入間018

2011入間019

2011入間020



【2011/11/05 15:02】 飛行機 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
2011入間基地航空祭002
2回目はRF-4です。
偵察部隊設立50周年のスペシャルマーキング機です。
ドラッグシュートがなかなか外れなくてしばらく立ち往生してました。
パイロットはすごく気になっている様子でかなりの間機種の後ろを見てましたね。



2011入間021

2011入間022

2011入間023

2011入間024

2011入間025

2011入間026

2011入間027

2011入間028

2011入間029

2011入間030



【2011/11/05 14:54】 飛行機 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
2011入間基地航空祭001
今日の航空祭はお天気最悪…
写真ボロボロでした。
今回はF90時代に使っていたテレコンバーターを引っ張り出してきて
改造しましてD90でも使えるようにしてみました。
しかしAFはほとんど効きませんし露出も適正地が出ないので
ほとんどマニュアルと同じなのですが
飛行機撮影ではマニュアルで十分だと思っていますので
試しに使ってきました。
と言うわけで今回は192~480ミリ仕様です。
F値およそ4ぐらいでしょうか?
ただD90の方ではF1として認識しますので
補正露出で誤魔化しながらの撮影です。

とりあえず今日はF-2のみです。
画像整理するの疲れて今日はF-2だけでご勘弁を…



2011入間001

2011入間002

2011入間003

2011入間004

2011入間005

2011入間006

2011入間007

2011入間008

2011入間009

2011入間010



はじめの6枚が昨日のもので終わりの方の4枚が本日の機動飛行のものです。
場所も入間と言うことでアフターバーナーは離陸のみの使用でした。
自衛隊機の背中写すのはムリゲー過ぎる…
米軍機ほどじゃなくても良いからもうちょっと背中見せて欲しいなぁ~
9枚目はかなりトリミングしてます。
イヤこんなの大きく写すの無理だって1200ミリぐらいないと…



【2011/11/03 22:01】 飛行機 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。