Moment's Notice
05 | 2011/06 | 07
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
PROFILE
TOMO
  • TOMO
  • TOMOです!!
    ぜひお友達になってやって下さい!
  • RSS1.0
  • まとめ
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
Su-47 ベルクト06
頼まれ物のフィギュアも完成したので
昨年から放置していたベルクトの完成を目指します。

su-47011

半年前の段階で塗装前まで進めていましたから
塗装から始めたのですがもうこれで機体の塗装は終了ですw
なんとも簡単な2色だけでして後はエンジンノズルと脚辺りの小物を塗ればおしまいです。
黒は真っ黒だとつまらないのでグレーと青を加えてみました。
サクっと作ろうと思っていた物ですし別段思いいれも無いので
細かいこと気にしないでドンドン進めます。

そうそう面白そうな筆見つけてきました。

tool025

ネイルアート用の物で短い方は普通の筆の半分程度の長さです。
長い方は普通の筆よりちょい短いぐらいで毛先は結構細いのですがけ
短くて細かい物を塗るのに便利そうです。
値段もどちらも500円程度でしたから使い心地が良ければ買い足そうかなぁ~



スポンサーサイト
【2011/06/29 02:05】 ホビーボス 1/72 Su-47 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
このページの先頭へ
1/6 魔法騎士レイアース 獅堂光 完成
hikaru021

いきなりですが光完成しました!
洋服や鎧の塗装後に剣や装飾の塗装をブログに載せることなく完成しちゃいました。
まぁ~とにかく鎧の淵のシャンパンゴールドはマスキングが面倒でしたよ。
開き直ってゾルを多用しちゃいましたw
剣は8番銀とスタブラの金それから大好きなクランベリーレッドパールを使いました。
宝石は金からクリアレッドのキャンディー塗装です。
組み立て後に髪や肌、洋服にツヤの調整で部分的にもう一度クリア吹いてみましたが
これをやるとやっぱり違いますね。
フィギュアはこういうツヤの調整がとても面白い!

hikaru022

hikaru023

hikaru024

オーナーに写真を見せたところ満足さてOKが出たので
明日の夜にでもオーナーに渡して来る予定です。



【2011/06/23 00:09】 模型完成品 | TRACKBACK(0) | COMMENT(5)
このページの先頭へ
獅堂光006
hikaru020

鎧の淵などの金色塗ってます。
進行形なのは右腕に複雑な形状の箇所があるので
3回に分けてマスクしては塗ってを繰り返しております。
すげぇ~めんどうくせぇ~

金色はスタブラの金、銀を混ぜてシャンパンゴールドにしました。
落ち着いた感じの色で鎧の装飾としては良いのじゃないかな?



【2011/06/20 02:17】 1/6 魔法騎士レイアース 獅堂光 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
獅堂光005
レイアースの続きです。
洋服と色合いを合わせてスカート塗りました。

hikaru017

シャドウを黒で吹いてネイビーブルーに黒混ぜたのをベースに。
これだけ見ると普通の制服のようですよねw

んで鎧とブーツ部分の白も塗りましたよ。

hikaru018

hikaru019

テカテカー!
パールとメタブラの金、銀とクリアエローを少量混ぜた物をコート。
さらにGXクリアでテカテカにしやした。
これ以上テカテカにする必要もないので磨きません。
しかし写真だと微妙な色は出ないですね。
もうちょい黄色っぽいんだけどなぁ~



【2011/06/19 00:24】 1/6 魔法騎士レイアース 獅堂光 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
獅堂光004
目ん玉塗装へ突入です。
っとその前にイメージ掴みたくて髪の毛を先に塗りました。

hikaru007

オーナーから指定でパステルぽいピンクでとのことでしたが
パステル系の色はなかなかうまく調色できないっすねぇ~
でもオーナーはこれでよいとのことなので先へ進みます。

目に入ります。

hikaru008

下書きしてイメージを掴んでから採光部分を
ブラシでグラデ塗装してクリアでコートします。

hikaru009

眉毛など輪郭部をエナメルで書き込み。
ここは多少はみ出してもOKなのでザクザク塗ります。

hikaru010

乾燥してからアートナイフの先端を使いカリカリ削って
ラインを整えてまたクリアでコート。

hikaru011

採光の中をエナメルとアクリルガッシュで書き込みます。

hikaru012

髪の毛乗せるとこんな感じになります。

hikaru013

ここで洋服を塗りながらオーナーに確認を取ると…
ちなみに洋服の色とかもオーナーの指定ざんす。
でっ確認取るとダメだし出ましたぁ~w

自分のイメージだとレイアースの目ってすごくひしゃげていて
猫のような雰囲気だと思ったのですが
オーナーは違う!とのことで修正してぇ~と。
ここまでノーミスで行ったのでちょっと悔やまれますが
オーナーの思うようになるべく作りたいので直します。

hikaru016

修正箇所は赤い部分の追加です。
こんな風になります。

hikaru015

オーナーからOK出ました。

やっぱりこの目は難しいよ…
大きいので塗り易いのですがバランスがすごく取り難いと言うか。
作ってる本人のイメージもひしゃげてるってのがあるので
そんな風にしようと思うと余計にバランス取り難くて…
目ん玉マジ難しいよ。




【2011/06/14 23:14】 1/6 魔法騎士レイアース 獅堂光 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
このページの先頭へ
獅堂光003
コンテストが終わったので光の続きです。

表面処理は終わっているのでサフ吹いて見たのですが
ここでこけましたw
原因はレジンの硬化不良が数箇所ありまして
この部分が巣穴のような感じになっていました。
サフ吹くまではまったく気がつかず友人がサフを極厚に塗布して意味がここでわかったよ…
仕方がないのでこの場所はパテとサフ極厚攻撃で対応しました。
100%サフレスとか無理だねw
そもそもサフレスできるようなキットに一度も巡り会った事がないのですがw

hikaru004

でっまず白目の塗装。
続いて肌のシャドウ…

hikaru005

フィギュアは一年ぶりだしミリモの後だと肌色塗るの楽しいですねぇ~
何が楽しいってまず色が明るい!
そして感覚的に塗れるのも落書きしているようで良いですねぇ~

hikaru006

でっ今回はクリアを多めに入れたベースカラー吹いて
その後つや消しにパールとかちょこっと入れた者をコートして馴染ませて肌色終了。

いつもここまではうまく行くんだよねw
問題は目の塗装…
しかもTOMOの苦手なデカイおめめなので超怖い!
目線合わせるだけでも難しそうだけど今回は一発で決めたいものですね。
あとこのキット手のマスキングが超やばそうな予感。



【2011/06/12 22:49】 1/6 魔法騎士レイアース 獅堂光 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
このページの先頭へ
友人のライトフライヤー
飛燕と一緒に友人ふぁるす君のライトフライヤーも写真に撮りました。
キットはレベルの物でスケールは1/43らしいです。
自転車はタミヤのドイツ兵自転車行軍セットを使用。
自転車の横の女の子はワンフェスでどこかのディラーから購入して来たようです。
張線がやば過ぎるよ!
TOMOじゃ絶対に作れませんw

Wright Flyer001

Wright Flyer002

Wright Flyer003

Wright Flyer004

Wright Flyer005



【2011/06/08 22:53】 模型 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)
このページの先頭へ
飛燕完成
コンテストから飛燕帰ってきたので写真をようやく撮りました。
何回も何回も撮影してみましたが上手く撮れない…
横から撮ると色が飛び上から撮ると暗くなる…
いろんな角度から撮ってやろうと思っていましたが
頭にきてやめましたw
細部はコクピット意外は別段見せるような所も無いので今回は撮っていません。
製作途中でも散々撮りましたしね。

キットとしては大きいくせにとても作り易いです。
主翼や水平尾翼の中に補強パーツもあるのがとても良いです。
上反角の調整とか必死こいてしなくて良いですからね。
コクピットはアイリスの物を使いましたがキットの物でも結構出来は良いです。
あと機銃とピトー管はハセガワのオプションパーツです。
初回限定のメタルフィギュアの出来は半端ないです。
すばらしいの一言!
困った所は自分がハズレを引いただけかも知れませんが
キャノピーが収縮していた様できちんと合いませんでした。



hien066

hien067

hien068

hien069

hien070

hien021



【2011/06/08 22:47】 模型完成品 | TRACKBACK(0) | COMMENT(6)
このページの先頭へ
ハセガワ協賛コンテストレポート2011
本日地元のコンテストの発表日でした。
今年は震災の影響で約二ヶ月ほど延期して行われました。
参加人数は18名でほぼ例年通りぐらいでした。
メーカーからは企画の国分さんとメーカーサンプルなどを作られている戸部さんが
やってきてくれましたよ。

戸部さんは学生時代から技術的なことなどいろいろお世話なりまして
以前ご紹介した筋彫りの道具なども頂いた方です。
プロモデラーさんですからご指南はとても的確でわかり易く
手を抜いたところなんかすぐばれちゃって注意点なんかも教えて頂きました。
TOMOはと言えばリベットは意味がねーよって言われちゃいましたw
まぁ~リベットは完全に趣味で打ち込んだので良いのですけどねw
ただJMCなんかの場合ではリベット綺麗に打ってあっても
評価に考慮しないことは聞けました。
昔からずっと言われていましたがとにかく基本工作を重視されているようですね。
それと入賞するような作品はやはり意気込みがきちんと伝わるよと言われてましたね。
あともっと塗装はリアルに塗って来いと言われましたw
まさにTOMOが苦手な面ですのでこれからは意識して作らないといけませんね。
入賞できませんでしたが戸部さんからいろいろお話が聞けて最高に嬉しかったです。
願わくばもっと細かいところまで罵って頂き今後の糧にしたかったのですがねぇ~
また戸部さんが来てくれる事楽しみにしています!
では各作品を載せてみたいと思います。

31th001
大先輩のナッツロッカー!
迷彩の塗りがめちゃめちゃ綺麗だし兵隊さん共々細かくて唖然。
迷彩は形状的に複雑な場所も荒れがなくてまさに隙のないすばらしい作品でした。
でもたまには飛行機も見たいっすよ先輩w

31th002
今回一等賞のF-2B。
今回の震災で被害を受けた機体なので有名ですよね。
なんとこれ小6の子が作った物でしかもプラモ3作目とのこと…
どうなっとんだ。
塗装もムラなく綺麗だしなによりデカールきちんと貼っていてみんなを驚かしました。

31th003
常連さんのKC-10。
古いレベルのキットですが綺麗にまとめられています。
相当苦労されたはずですよこれは。

31th005
10数年ぶりにプラモ作られたとのこと。
さすがベテランさんという感じでまったくブランク感じませんね。

31th006
72の屠龍。
見てわかると思いますがキャノピーの塗り分けが驚異的です。
それもそのはずこの方は一発で切り出しているようです。
とてもじゃないけど真似できない。

31th007
毎度おなじみ秀道兄貴のA-4.
毎回こったジオラマで今回は入間基地展示仕様とのことで
看板なんかの小物も当時のものを参考にデカールまで作られているようです。
そして僕が目指すところでありこういう工作や塗装ができるようになりたいですが
とてもじゃないけど追いつけないですね。

31th008
大迫力の48ファントム。
デカイよーそしてなんと筆塗りらしいのですが誰もがみんなブラシ塗装だと思ってました。

31th009
ブログ仲間のペンさんの作品。
今回は写真お借りしました。
初参加ですが見事入賞!
塗装も綺麗なのですが基本工作がとにかく緻密です。
この辺は彼の性格的な物も大きいのでしょう。

31th010
高校生の作ったローラです。
なんとこちらも筆塗りらしい。
組むだけでも難しいと戸部さんも大絶賛されていましたよ。

31th011
こちらも高校生。
そしてプラモ初作品!
この高校生二人組みはいったいどうなってるんだと思ったら
工業高校に通っているらしいです。
さすがに初プラモでここまで作れるのはどうなのと思って聞いてみましたが
やはり普段から手を動かしているとなに作っても上手ですね。

31th013
VF-22って言うのかな?
青がすごく綺麗でレシピ教えてもらいました。
あと退色表現がみごとですねぇ~

31th014
リンク仲間のminoさんのランボルギーニ・ミウラ!
エンジンルームめっちゃ作りこんでいたようですが
完成したらあんまり見えなくて残念とは本人談w
完成前にクリアがたりなくなったそうでボンネットだけ砂吹状態で残念ではありましたが
モールなどフィニッシュシートを上手に使われていました。

31th015
こちらも大先輩の作品。
今回は震災の影響で忙しかったそうで新しい物が作れなかったそうな。
キットもハセガワ系の物ではないのですがお祭りと言うことで
展示用に持って来て頂いたそうです。
しかしこのB-65はどこのキットなのだろうか?

31th016
同級生のたまご三連星。
2枚目の写真見て下さい…
31th016002
うんとっても痛いねw
たまにはガチで作った飛行機とかみたいよ僕はw

31th017
同じくブログ仲間の軍師さんの日向。
僕から見たら艦船モデラーの手はみんなロボットなのだろうかと思ってしまうw
少し時間が足りなかったようで張線が足りないようなのですが
十分お腹いっぱいですw

31th018
今回初参加の高校生。
見てこの独創的な改造!
一瞬スツーカにはこんな機体があったのでは?と思わせるような気がしません?
おそらく防弾板を意識したのだろうと思いますがみんな騙されましたw
機体が急降下爆撃機だしドイツならありえそうだもんねーw
ちなみに賞品で1/32スツーカ貰ってて大喜びしてましたよw
よっぽど好きなんだねスツーカw

残りは僕の飛燕と友人のライトフライヤーなのですが
本日持ち帰れなかったのでまた後日写真撮ってアップします。
そうそう僕はと言うとこれ貰いました。

syouhin003

じゃーん72のF4Uと144のYS-11JAS仕様!
両方とも欲しいなと思っていたけど買ってはいなかった物なので超嬉しい。
JAS機は作って元JASの友人に上げても良いなぁ~
コルセアは汚しとか筆塗りの練習してみても良いかも?

以上で今年のコンテストレポートでした。



【2011/06/06 01:59】 模型 | TRACKBACK(0) | COMMENT(10)
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。