Moment's Notice
04 | 2011/05 | 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
PROFILE
TOMO
  • TOMO
  • TOMOです!!
    ぜひお友達になってやって下さい!
  • RSS1.0
  • まとめ
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
獅堂光002
飛燕を無事完成させお店に提出して来ました。
肩の荷が下りたよ。

レイアースとベルクトが塗装に入れる段階なので
さくっと塗っちゃいたいところなのですが
ご友人にコンプとリューター貸しちゃったのでなんもできねw

レイアースですが意外と手間かかりましたよ。
まずサフ全部落としました。
ちょっと厚すぎるようですし表面が粗いので
磨くよりやり直した方が楽だろうという選択。

サフ落とすとパーティングラインがかなりの割合で残っているので
それを削り落とし隠れていた気泡なんかも潰しました。
それからほぼ全てのディティール彫り直しましたよ。
造形はとても綺麗なのですがこのままだとマスキングが死ねそうなので
境界をはっきりさせるための手段です。

あと大きなところは頭部ですね。
顔と頭の分割を変更しました。

hikaru002

写真の赤枠内は元々頭のパーツに付いておりましたが
これを顔の方のパーツへ持ってきました。
理由は簡単この部分が髪の毛であるはずがないからw
またちょうどこの上に前髪のパーツが来るので
うまいとこ隠れてくれて助かるためです。

あとはその前髪パーツ。

hikaru003

友人の加工の続きなのですが継ぎ目が見えてしまうので
隠すように上から被せる形にしました。

こんな感じで古さは感じますがとても良いキットですね。
塗装するのが楽しみです。

さてまたまた弟気味はプラモ貰って来ました。
今度はこれ…

plamo004

MGのリガズィです。
リガズィ好きなんですよねぇ~
ガンダムみたいな無茶な特別兵器って感じもなく
あくまで量産期のパワーアップみたいな。
これはその内作っちゃうかもマジで。



スポンサーサイト
【2011/05/30 21:45】 1/6 魔法騎士レイアース 獅堂光 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
このページの先頭へ
飛燕026
hien064

いきなりベース完成。
額縁を使ったお手軽仕様です。
A3の額縁を購入して絵の代わりに塗装したベニヤを入れました。
額縁と似たようなオイルステインのおかげかあんまり違和感ないでしょ?
アドバイス頂いたいざなさんには大感謝であります。

hien065

試しにレイアウトもしてみました。
こんな感じかな?
フィギュアも一緒に飾るためだけのベースですし
レイアウトも拘る必要性を感じないので王道で行きたいと思います。
固定も両面テープで良いかなとw



【2011/05/25 21:17】 ハセガワ 1/32 飛燕Ⅰ型丙 | TRACKBACK(0) | COMMENT(8)
このページの先頭へ
飛燕026
hien062

とりあえず完成!
ピトー管と機銃はまだ付けていません。
ペンさんが付けろー付けろーと動画放送で言っていましたが
提出前にお掃除したいので折る危険性を考慮してギリギリで付ける事にします。

あと昨日残り4パーツだなんて言ってましたがまだありましたよw
クリアパーツまったく手付かずだったの忘れてまして
慌てて翼端灯とか塗ってくっつけました。
そして問題のアンテナ線…

hien063

秀道兄貴の言うとおりブラッドノット結びでやっては見たのですが
テグスだと引っ張った時に癖が付いてチリジリなってしまい
僕には上手くできませんでしたよ。
なので張った線に巻きつけていく感じでやってはみたのですが
テンションをかけ過ぎるとブチッと行きますからこれもなかなか難しく
最終的にはねじねじ部分を瞬間接着剤固定させてお茶を濁しました。
これはもうちょい検討の余地がありますね。
気持ちに余裕がある時にじっくり時間をかけて改めてチャレンジしたいと思います。

てなわけでコンテストは6月5日に行うそうで提出日期限が6月1日となりましたので
作品としては間に合いました。
残りの日数でなんとかベースをと思いますがはたして良いものが見つかるかな?
今回は昨年のB-17の様に電気関係のためにベースが必要とかはありませんので
あくまで簡易の物とかでも良いと思うのでいざなさんが以前アドバイスくれたように
額縁を使うのが賢明かもしれません。
そもそもこの大きさのベースを探すこと自体が大変出しなぁ~

完成写真はコンテスト前後に撮りたいと思いますので
撮影したらアップすることにします。



【2011/05/24 03:03】 ハセガワ 1/32 飛燕Ⅰ型丙 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
このページの先頭へ
飛燕025
hien059

キャノピー届きました。
お金を送って三日ほどですから即日発送してくれました。
それにしても意外と箱がでかい。
程よい大きさの箱ですから模型関係の物とか入れるのに丁度良さそうなので
後々箱も活用します。

さてキャノピーが届いたので早速マスキングして塗装しました。
写真は撮り忘れましたが特に問題なく無事できました。
一つ忘れていたのがリベット打ち忘れてて慌てて塗装前に入れましたけどねw

でっ先週辺りからプロペラ、足回り、細かいパーツの処理や塗装をしていたので
ようやく組みつけ始めました。

hien060

排気管周りがクリアランスの関係で少々時間取られましたが
今のところ順調です。
あと一箇所だけ手を入れました。
飛燕は機体の左側に過給機のインテークがあるのですが
その少し上方後ろ辺りにラッパ状の物が付きます。
これはベンチュリー管というパーツで大まかに言うと空気の流量を計る物で
ベンチュリー管は飛燕の特徴的なパーツなのですが今回は以下の理由から
ベンチュリー管を付けない事にしました。
飛燕でもこのパーツががない機体(ちゃんと調べていないのですが…)もあるのですが
(このベンチュリー管はジャイロ照準器の実験に関係するとの話も…)
そよかぜ隊の生野隊長機はある時期にこのベンチュリー管がない写真が残っています。
外してもなにもないわけでなく後処理でおそらくバイパスさせているのか
パイピングしてあるように見えるので時間がないですからあっさりと追加しました。

さて残りパーツは…

hien061

あとこれだけ!
ピトー管、12.7mm、アンテナ。
ピトー管はお遊びで今回使う予定だった塗料アルクラッドを拭いてみました。
元が真鍮ということもあり塗装してあるようには見えません。
まんま金属の質感なんですよねぇ~
いやすごい!
残りの中で問題なのはやっぱりアンテナw
どうしましょうねアンテナ線w



【2011/05/23 00:20】 ハセガワ 1/32 飛燕Ⅰ型丙 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
飛燕024
hien058

終盤ですから変化は少ないものの進んでいますよ。
機体の方はようやくデカールを貼ったのでそれっぽくなりました。
デカールの大きさもかなりの物だったのでおっかなびっくりでしたが
シルバリングすることもなく無事貼れました。
クリアは吹かないことにしたのでキャノピーのマスクも剥がし
ようやく完成のイメージがつくようになりましたね。

今現在はプロペラ塗装したり脚を塗ったりしてます。
お遊びでピトー管にアルクラッド塗ったらとても塗装した様には見えなくてびっくり。
まんま金属のように見えるねやっぱり。
すごい塗料だいろんな意味でw

あとまったく手付かずなのはアンテナですね。
なんかかっこよくキマル方法ないかしらねぇ~
なにがやりたいかと言うとアンテナ線の付け根のねじねじ表現がしたいです。
いろいろやり方はありそうですけど自分のスキルじゃ無理かなぁ?



【2011/05/19 22:04】 ハセガワ 1/32 飛燕Ⅰ型丙 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
このページの先頭へ
飛燕023
hien056

なんか写真にするとお顔がえらくボコボコに写っちゃいますが
生野隊長完成しました。
ハーネスとかもう少し汚したり手を加えるかもですが
とりあえずはもうこれで良いかな?
あんまり上手に塗れなかったけど表現の方向はなんとなく掴めた気がします。
そしてなにより思いの外楽しかったですね。
筆塗りも良い物だぁ~と思いましたよ。

飛燕の方ですが先日修正したキャノピーは…
やはり使い物になりませんでした。
マスキング自体はきちんと生きていたのですが
本体を伝ってシンナーで犯されたようで白く濁っていました。
表層だけなら磨けばなんとかなるのかもしれませんが
内部を伝って犯されていますから表装を磨いたところで意味はなく
あえなくおじゃんとなりました。
なので取り急ぎ部品発注かけないとダメそうです。



【2011/05/16 20:45】 ハセガワ 1/32 飛燕Ⅰ型丙 | TRACKBACK(0) | COMMENT(5)
このページの先頭へ
飛燕022
hien055

機体の塗装終了。
コクピット前のアンチグレアとNO STEPの赤枠、
それにスミ入れまで終わりました。
スミは毎度のことながら薄めと言うこともありますが
あんまり目立ちません。
銀塗装なのでどうしても下地の状態がモロに出てしまうため
傷を隠すために3回位塗っては削りを繰り返したため
普段より少し塗膜が厚いせいもあるのでしょう。
まぁ~拡大すればリベット部にもスミ入っていますから
これぐらいでも良いのかも知れませんけどね。

以上機体側の残作業はデカールと小物の接着とかですね。
脚などの小物関係はま塗装してないのでこれから塗装しますよぉ~
あとはベースどうしよう?
デコパージュのベースなんかも見てきましたが機体の大きさで
なかなか良い物が見つかりません。
オイルステインでも塗ってお手軽にやりたいけど
ベースが見つからないのは困ったものだ…
大きなベースを売っているところご存じないですか?
サイズは400×350ミリぐらいです。
どなたかご存知でしたら教えて下さい!



【2011/05/10 22:58】 ハセガワ 1/32 飛燕Ⅰ型丙 | TRACKBACK(0) | COMMENT(5)
このページの先頭へ
飛燕021
hien054

塗装の続きです。
結局動翼の色は変えることにしました。
二度手間になりましたがまぁ~良いでしょう。
あとは日の丸とか白帯、赤帯、識別帯などを塗装。
今回は軍用機とはいえベースがシルバーで明るいので
いつものようにくすませたりせず赤や黄色は瓶からそのまま使いましたよ。
ツヤもテカテカですがなんかこれはこれで良いかも?
クリアとかコートしてツヤ消しにするか悩むな…



【2011/05/08 21:32】 ハセガワ 1/32 飛燕Ⅰ型丙 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
このページの先頭へ
飛燕020
hien052

キャノピー修正。
かなりブヨンブヨンだったからよくここまで直ったと
ちょっと感心しました。
まだ傷とかありますけどもう気力がないのでパスで。

でっ次なにやれば良いのかとさっぱり忘れてたのですが
考えてみるとまだとそう残ってるんですよね。
赤帯とか識別帯の黄色とかね。
銀塗装をやたら気にしていたのですっかり忘れていたw
でもねなんかこのままじゃ味気ない気がしてきたから
やっぱり動翼色変えてみようかな?
二回もやるなんてバカなの?って感じですけどねw
まぁ~思案中ってことで。

hien053

でっ生野隊長にやたら手が伸びてますw
筆塗り嫌いなのですがなぜかすごく楽しくてねぇ~
飛行服のベースはラッカーで塗ってその上からアクリルガッシュで
めちゃくちゃに塗ってます。
塗り方よくわからんのですが皆さんのサイトとかで
勉強させてもらったこととか思い出しながら塗ってます。
まだ途中ですけどシャドウの色とかはかなりベースと違う色とか入れても大丈夫なんすね。



【2011/05/07 00:08】 ハセガワ 1/32 飛燕Ⅰ型丙 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
このページの先頭へ
飛燕019
hien050

溶けちゃった…
久しぶりの飛燕ですが動翼を少し色味変えて見ようなんて
色気出して塗装してたんですよ。
でっ微妙に色が違う物を吹き付けたら思ったよりもというか
まったく目視では違いが出なくて意味なし…
おまけにシンナーを含んだティシュを置いた所になぜかキャノピーがありまして
気がついた時には…
幸いモデラーズのマスキングがゴムの様な材質なのでマスク面には影響がないので
ブヨブヨするのが落ち着いたら修正して使います…
もうねなんて言うかアホ過ぎる…

でっコンテストなのですがどうやら来月頭ぐらいを予定しているようなので
慌てて手を動かしているわけですが
上の惨事もありますし塗装段階に入って手を止めるなんて経験がないので
なんともやる気が出ないというかペースを戻しにくいと言うか微妙な所であります。

hien051

仕方がないので気持ちを入れ替えようとおまけで付いて来た
メタルフィギュアなんぞに手を出してます。
キットが244戦隊の小林照彦隊長機なので
小林照彦隊長を模した物のようですが
今回はそよかぜ隊の生野文介隊長機に仕上げるつもりですから
このフィギュアは生野隊長になって頂きます。
TOMOはAFVとか手を出していませんし
よくフィギュアの塗り方がわからんのですごい適当なのですが
一応今回肌はアクリル使ってみました。
なんか写真で撮るとのっぺりするなぁ~
まぁ~後からでも修正できますし機体を完成させないと本末転倒なので
あくまで時間があったら塗ることにします。



【2011/05/05 00:10】 ハセガワ 1/32 飛燕Ⅰ型丙 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。