Moment's Notice
01 | 2010/02 | 03
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
PROFILE
TOMO
  • TOMO
  • TOMOです!!
    ぜひお友達になってやって下さい!
  • RSS1.0
  • まとめ
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
B-17F メンフィス・ベル13
b-17f045



いぇ~い!士の字!!
ようやく士の字にたどり着きました。
長かったよここまでぇ~

前回からまず主翼の接着を試みたのですが
これが大変でした。
ただでさえ面積が広い上に配線のせいで自由がきかず
非常に手間取りました。
なのでヤケクソ気味に接着剤を乗せて無理やり接着しました。
それでも隙間はほぼなかったので今回はパテは使わなくてすみました。
水平尾翼の方はまったく問題なし。
でっはみ出した接着剤などを取り去るために継ぎ目をヤスって
とりあえずここまで!

そうそうこのキットはフラップが下げられるので
フラップ裏側の塗装をするのですが
キットの指定色はオリーブドラブだったかな?
ですが味気ないので動翼裏側によくある赤にしました。
実際にB-17でもフラップ裏側に赤を使っていた機体もあるようなので
考証ともズレがないと思います。
色は影になりますしかなり暗めの赤でこんな感じ…



b-17f046



全体を塗装するときにミストが入り込むと思いますが
とりあえずイメージを掴みたいので塗っておきました。
あとから別の色にも変えられない事もないのでとりあえずは保留。

さてようやく士の字になりましたので
これからは塗装作業に入れるように進めて行きます。
まずは表面処理をもう一度行いモールドに詰まったカスを取り除かなくちゃですね。
このモールドの中のカス効率よく取れないかなぁ~
今まで細い目の堅いハブラシとか水で洗ったりとか
いろいろやってみましたがどれもいまいちで
結局はもう一度モールドをなぞる作業をしてきたのですが面倒なんですよねぇ~
その先には開口部やクリアパーツのマスキングも待ってるし
肩がこる作業が続きそうですw



スポンサーサイト
【2010/02/27 21:44】 ハセガワ 1/72 B-17F メンフィス・ベル | TRACKBACK(0) | COMMENT(8)
このページの先頭へ
B-17F メンフィス・ベル12
b-17f040



昨日、美透明接着剤で作ってみた翼端灯はこうなりました。
濁りが出てしまいましたが上から色塗るので特に問題なさそうかな?
今回はとにかく光を透過してくれれば良いのでこれを複製して使ってみる方向で行きます。

さて翼端灯のクリア化が目処付いたので同時に配線を進めました。
まずやらなきゃいけないのがコネクト部分の台座の作成。
頑丈で破損し難いようにこんな感じにしてみました。



b-17f041



黒い方のコネクターの中尾彬マフラー風コードは端子を引き抜いて破棄しました。
後から細いコードに代える予定なのでこの黒いコネクターを使い
周りをプラ板で囲み台座風にしました。
これを機内に埋め込んで端子を固定しようという考えです。
つまり機内がオス、機外がメスのコネクターになります。

そしてこちらが機内側のオス端子…



b-17f042



モーター、電飾用の二つの端子を接着しそこへコードをハンダ付け…
これらを組み込みボディー側と片翼の配線をするとこうなりました。



b-17f043



もう配線めちゃくちゃw
そりゃ片翼に14本もコードが走れば仕方がないのかもですが
きちんと中に入るのかめちゃくちゃ不安でしたよ。
ちなみに大アクシデントがありまして後部LED用の配線は左翼に出していたので
これを急遽右翼に出すようにボディーの中ゴソゴソやって
なんとか右へ引き出しましたw
これだけで30分も取られちゃったけど結果オーライってことでw
右の真ん中あたりに見えるのがコネクト部分になります。
表から見るとこんな感じ…



b-17f044



右翼上面、翼の付け根辺りにコネクト部分を付けました。
翼に1センチ四方位の穴をばっかり空けちゃいましたw
当初は目立たない主脚辺りから出そうかと思ったのですが
燃料給油車が手に入ったのでコードを給油ホースに見立てようって算段です。
つまり開口した箇所は給油バルブのある位置です。
画的には翼の真ん中辺りの方がかっこつくのでしょうけど
コネクターの台座を埋め込む為にはどうしても厚みのある付け根付近になってしまいました。
またこの箇所は模型としても完結させるためにコネクト部分のフタも後から作ろうと思います。
とりあえず片翼だけで結構時間かかりましたわ。
もうちょいで士の字だっ!



【2010/02/24 23:21】 ハセガワ 1/72 B-17F メンフィス・ベル | TRACKBACK(0) | COMMENT(11)
このページの先頭へ
B-17F メンフィス・ベル11
b-17f037



翼端灯クリア化の為にこれを買ってきました。
商品はクレオスの美透明接着剤って奴です。
以前からお店で見て気になっていたのですが今回いろいろ試したくて購入しました。



b-17f038



マットの上の方の水滴みたいな奴がこれです。
とりあえずはそのまま作れないかととりあえず出してみましたw
シリコン系だけあり粘りがすごいです。
下の方の左がポリパテで型を取ったところへ流し込んだ物…
真ん中がおゆまるに流し込んだ物…
型の元はジャンクパーツの中に楕円の良い感じなアンテナがあったので
それを差し込んで型取りました。

一番右は遊びでおゆまるで型を取った物にポリパテ流したフィギュアw
おゆまる使ったことなかったのでどのぐらい細かく型取れるのか試験用です。
服のしわなんかもちゃんと出てるしスケール考えれば十分使い物になるのかな?
まぁ~塗ってみないとよくわかりませんけどねw
いや一応はレジンやシリコンも持ってはいるのですが
使いたくないんですよねぇ~w
願わくば一生使わなくて済んでくれればとw

でっ現在このようにいろいろ試してクリアパーツ製造中なのですが
なんか上手く行きそうにないなぁ~
もちろんクリアランナーを炙って伸ばしたりもしてみたのですが
4つとなるとさすがに難しそう…
本当はコネクト部分進めちゃえば良いのですが
翼端灯うまくできないとなんか気持ち悪くて先進めないっす…

でっ気分転換と言う訳じゃないけどこんな物買って来ました。



b-17f039.jpg



アメさんのタンクローリー!
このシリーズが500円台ぐらいの時よく買ってましたけど
倍近い値段はちょっと悲しいなぁ~
まぁ~販売してくれるだけでもありがたいのですけどね。
でっできたらこれB-17と絡ませたいなぁ~と考えています。
上手くやれば給油ホースと称して電気のケーブル外に出せますしね。
期限まであと一ヶ月なので時間との戦いですから
ジオラマ風はきついかもですができたらやってみたいですね。



【2010/02/24 00:06】 ハセガワ 1/72 B-17F メンフィス・ベル | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
B-17F メンフィス・ベル10
b-17f033



あれ?プラモ作ってたはずなのになんだこれ?
そうです今回はこれをプラモに使いますw
と言ってもまだ下準備の段階なんですけどね。
さて画像上の方の物はPCのサウンドボードです。
どこのご家庭にもいらなくなったPCのパーツなんて一つはありますよね?
えっ?ないって?そりゃ失礼致しましたwww
まぁ~とにかく今回はたまたまこれが転がってたのに目が行ったので
これを模型に利用して見たいと思います。

さてまずこれ何に使うのか?
今回のB-17は電気バリバリな上に外部電源なので
これらの配線を機外にどうやって出そうか随分前から悩んでいました。
単純にコードを出すだけなら簡単なのですが
なるべく目立たない様に出したい思いからいろいろな考えました。
でっようやく辿り着いたのが画像下の方の赤丸のやつです。
PC自作されたことある方ならわかると思うのですが
ジャンパーピンを挿すピンです。
これをいらなくなったサウンドボードから頂きました。
ようは機体と外部電源を簡単に脱着可能にさせてみようということです。
その為にはコネクト部分は内部に仕込めて尚且つあまり目立たない物が理想。
やっと辿り着いたのがこれってことです。

ただこれらの電子パーツを外すにはハンダを吸着させなくては外せません。
そこで登場するのが青い丸いやつw
商品名はハンダ吸取線ってなってます。
使い方は織り込まれた銅線の帯の上からコテを当てて熱しハンダを吸着させます。
まぁ~コテ使われるような方には説明不要な代物ですよね。

でっもう一つがコネクト部分のメス側…
中尾彬のマフラーのようにネジネジになってるがちょっと気になるケーブルwww
こいつは捨てようとして庭に転がっていた弟のPCのケースから頂きました。
こっちは外部の電池にくっつけよう!
上手くやれば同じ1/72スケールの給油車とか買ってきて
燃料補給してる感じのジオラマみたいにするのも面白いかも?
あくまで妄想なのでさすがにそこまではできないとは思いますけどねw

さてそれじゃ機体側の方はと言うと…



b-17f035



写真のように羽をもがれたトンボのような有様ですw
ちょっとキモイかも?w
足みたいに見えるのは左右の翼へ送るためのケーブスです。
これ入れておかないと機外へ出すケーブルの本数が増えちゃうので
モーターはモーターLEDはLEDで機体内でまとめて出す為の下準備ってこってす。
でっ継目をパテ生めしてヤスリがけまで終了…
ボディーは概ねの作業終わったのでこれからは主翼の方へ移ります。

そして新たな問題と言うか見て見ぬ不利をしていた箇所…



b-17f034



この翼端灯のクリア化です。
幅1ミリ長さ2ミリぐらいの水滴形状…
今現在はLED光のリークチェック用の穴が空いてますが
ここを上手くクリア化させないことにはせっかくの電飾が勿体無い!!
しかしこれ主翼の左右、裏表で4個あるので
例えばクリアパーツでスクラッチするにしても
まず小さ過ぎるのですごく難しし、それに加えて4個も同じようにって…
今の段階ではなんとか1個作って複製しようと考えてるとこです。
次回の更新がなかなかなかったらあいつ上手く行ってないな?と笑ってやって下さいw



【2010/02/21 22:11】 ハセガワ 1/72 B-17F メンフィス・ベル | TRACKBACK(0) | COMMENT(6)
このページの先頭へ
B-17F メンフィス・ベル09
b-17f029



いきなり内部塗装しちゃってますが
そろそろ塗装してからじゃないといろいろ不便になってきました。
色は指定色ではなくオリジナルですが
飛行機の防錆塗料のジンクロメイト・プライマーに近い感じかな?
さすがに面積が広いので内装と言えどブラシ塗装です。

でっ内装なのですがいろいろ作ってみました。



b-17f030



ごちゃごちゃしててなにがなにやらなのですが
無線室はスクラッチなので電装品なんかを中心に大雑把にw
資料を見ながらですがほとんど見えなくなるので
実機を参考にしつつもそれっぽくなので再現性も工作精度も低いですのですがご勘弁を…

他にもいろいろ小物を作りながら大の苦手な筆塗り塗装をして組み上げると…



b-17f031



完成ではないけどこんな感じになりました。
細部が暗いので拡大すると…



b-17f032



あれだけ資料集めたのにすげぇ~ウソ臭い内装ですねw
ノーズの爆撃手、航法手がいる隔壁なんかは実機とはまったく違いますが
元々このキットの内装パーツは椅子と机と計器版がちょこっとなので
それに比べればでっち上げの方がまだマシですよね?w
色も実機で存在するものをミックスしたのででメンフィスベルは絶対にこんな色してませんw
シートの黄色は内装に少しでも目が行くようにあえて目立つ色を選びました。
塗装後はドライブラシ、ウェザリングで汚してます。
自分的には普段よりダイナミックに汚したのですが効果は今一つですね…
筆塗りと汚しは大嫌いですw

本当は内装を気合入れて再現したかったのですが
電飾とモータライズの配線もありますし1/72じゃほとんど見えないですし
そしてなにより完全に気力不足ですw
ここまでで既に悔しい気持ちにりつつありますが
自分のスキル不足と認めて先に進めたいと思います。



【2010/02/11 01:13】 ハセガワ 1/72 B-17F メンフィス・ベル | TRACKBACK(0) | COMMENT(9)
このページの先頭へ
B-17F メンフィス・ベル08
園場さんから隔壁どうやって作ったの?
とのことなので今回使った
非常に簡易な例を載せたいと思います。

ただこの方法はあくまで目安程度の物しか作れませんから
精密な物を作りたい方は胴体を輪切りにするなり
粘土で型取るなりして下さいw

さてやり方ですが非常に簡単!
今回は手元にハンダがあったのでそれを使いました。
写真見てもらったら一発でわかります。



b-17f026

b-17f027



こんな感じで自分が隔壁を作りたい場所に
ハンダや針金なんかを押し当てて型を取るだけw
2枚目の写真のような形になったら
外周をプラ板などに罫書いて反対側はハンダを180度ひっくり返して
また罫書くと至って簡単なものです。
Rなどは多少ぬるくなりますのでその辺は何度か試して
罫書き後に修正すると良いと思います。
後目安としてセンターからの距離を何箇所か採寸して
罫書いたものと比べると割と正確に近づきますよ。
以上隔壁の簡単レシピでしたw
園場さんこんなので大丈夫でしょうか?



b-17f028



内部の方はあんまり進まないw
爆弾倉のキールビーム?(渡り廊下?)みたいなのを作ったのと
無線室をちょっとだけ…
忠実な再現ができたら良いのですが
あんまり追求してガチガチにやっちゃうと
配線もあるので本気で死んじゃいますし
そもそもそこまでスキルがないので
これぐらいの工作LVであくまでそれっぽく
目立つ物だけもう少し作り足そうと思います。



【2010/02/07 22:08】 ハセガワ 1/72 B-17F メンフィス・ベル | TRACKBACK(0) | COMMENT(6)
このページの先頭へ
B-17F メンフィス・ベル07
b-17f021



やべぇ~只でさえ電飾、モータライズでカツカツなのに
内装に手を出してしまった…
電飾やモーターの配線で胴体内部はごちゃごちゃになりそうだから
本当は見えそうな所だけちょこっとやろうかと思ってたのですが
勢いづいてついついやってしまった。
とりあえず写真の通り操縦室より後ろの隔壁がまったくないので
爆弾倉、無線室、後部胴体、尾部をざっと区切ってみました。
尾部の辺りにはまだ隔壁あるけどもうお腹いっぱいというか
尾灯のLEDがあるためその辺りはいじるの不可能です。
ぶっちゃけ爆弾倉とかまず見えないし
組んじゃえば意味ないのでどこまでやろうか検討中です。
今のところフロアパネルとか大きな装備品ぐらいは
作っても良いかなとは思ってますがあんまりいじると
組み立てる時の配線作業がめちゃめちゃ大変になるので
その辺りの妥協ラインが難しいですね。

でっ忘れてましたがこれらの作業に必需品のご紹介…



b-17f022



秋葉原で探し出してきた資料達といつの間にか買っていた
メンフィスベルのDVDw
こんなの見ながら作ってるから余計なこと始めちゃうんですよねw
ちなみにこの三冊全て世界の傑作機って同じ名前の本ですw
実は世界の傑作機はもう一冊あるのですがそれは見つからなかった。
左に2冊は古いもので70年代と80年代の本ですが
中身はほとんど同じです。
真ん中の黒い奴は世界の傑作機スペシャル・エディションという奴で
こいつの情報量はかなりすごい。



b-17f023

b-17f024

b-17f025



こんな具合にカラーページも結構あります。
この機体の肝となるノルデン照準機やボールガンナーなど
きちんと掲載されていますし
メンフィスベルのお話や実際の運用方法なども載っていて
読み物としても大変面白いものです。
この本と海外サイトにある写真があれば模型の資料としては十分ですね。

しかし毎度のことながらプラモ一個作るのにどんどん脱線していきますねw
実際にあるものですからここはどうなってるんだろう?とか
疑問が出てくると止まらなくなっちゃうんですよねバカの癖してw
こういうの見ながらああしようこうしようと考えてる時が一番楽しいです。



【2010/02/06 02:47】 ハセガワ 1/72 B-17F メンフィス・ベル | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
このページの先頭へ
B-17F メンフィス・ベル06
b-17f016



LED適当に位置合わせして仮組みしてみました。
翼端のナビゲーションライトも光ってるの見えますか?
では分かり易いように…



b-17f018

b-17f017



着陸灯は電球色を使ったので正面から見るとかなりリアルです。
この翼は右なので翼端のライトの色は緑なのですが分かりますかね?
本当はもう少し広角に光ってくれると良いのですが
0.6ミリの穴が空いてるだけなのでおまけ程度の光ですね…
翼端灯部分全てをクリアパーツ新造してもう少し大きな穴を空けられれば
口角にもできるのですがこの翼端灯は水滴型だし小さいし末端にないしで
新造はめちゃくちゃ大変そうですからどうしようか悩み中です。

翼端灯部分は光ファイバーでやるつもりだったのですが
翼の上下面、両方光らせなくてはならなかったり
手持ちの光ファイバーが1ミリしかないこともあり
荒業でもないですがLED自体を削り込んで仕込みました。



b-17f020



先端部の厚さが1ミリ弱ぐらいでしょうか?
このLEDは3ミリを使用していたのでおよそ2/3のダイエットw
LEDを使う方法はこんな方法もあります。
まぁ~このキットがでかいし翼が翼端まである程度厚みがあるからできることですけどね。
ちなみに気にしていた光の漏れというか透過ですが暗がりでチェックしたところ
先端部の隙間がある部分以外は問題ありませんでした。
実はきちんと裏面をツヤ消し黒で塗装したんですけどね。
サフ吹かなかったのでちょっと心配でしたが大丈夫みたいで良かった。



b-17f019



中身はこんな感じです。
写真を見てもらえば分かるようにモーターも固定してみました。
先日書いた台座の上に瞬着で仮固定を繰り返し行い
上下の翼を合わせて何度も何度も様子を見ながら軸を出しました。
この段階では完全な軸を出す必要は実はないのですが
チャレンジしてみようという方はこの段階で
なるべく良い感じまで持って行ったほうが良いですよ。
ちなみに軸がなぜこんなに長いのかというと
この軸出しの最終調整のためです。
アルミパイプを使ったのもこの為。
最終段階でモーターを回転させながらラジオペンチなんかで挟み込んでいき
振れを修正させちゃうのです。
その為にある程度振れが分かりやすい長さと
振れを修正しやすいアルミを選んでいます。
話ズレちゃいましたがその後は大嫌いなグンゼのパテで固定w
このパテは物を固定するだけに使っていますがこの面では本当に優秀ですねw

さて片翼はある程度電飾進みましたね。
後はLEDの固定と配線の固定しちゃえば良いのですが
このタコの足のような配線どうやって機外に出そうか?w
まだ左と尾灯の分もあるからどこかでまとめてなるべく少なくして出さなきゃ。



【2010/02/04 00:52】 ハセガワ 1/72 B-17F メンフィス・ベル | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
このページの先頭へ
B-17F メンフィス・ベル05
b-17f011



スジ彫り概ね終了しました。
余裕を見た予定では1月中にスジ彫り完了だったので
ギリギリセーフって感じですがまぁ~バタバタしてたので
仕方がないでしょうかねぇ~

それにしても毎回言ってますがやっぱりデカイですねぇ~w
タバコの箱や1/144ザクと比較するとその大きさが
改めてよくわかりますねぇ~

でっ話変わって電飾とモータライズの方も微妙に進めています。
まずは電飾から…



b-17f012



とりあえず電飾の方の電源は9V電池に決めました。
ケンジロウさんからボタン電池を使用した
12V電源ボックスの存在を教えて頂いたのですが
近所のカー用品店には物がなかったので
とりあえず9Vで進めて行こうと思います。
写真を見て頂いてわかるように既に大まかな配線をして
テストで光らせてみました。
若干赤の発光が弱いですが赤と緑は光ファイバーで発光させますので
これでも問題ないとは思います。
CRDは今回使っていません。
LEDに抵抗が付属してましたのでそれを使用しました。
計算上はそんなに問題ないっぽいですし多少ずれてても
光らせっぱなしとかにするわけじゃないので問題なしとします。
回路は具体的には3列で左右の主翼に2灯ずつと尾部に1灯という具合です。
この内左右の赤、緑と尾部のLEDは光ファイバーで配線します。



b-17f013



コントラストがすごいので写真ではなかなかわかり難いのですが
実際に尾部のライト部分のパーツに穴を空けて光ファイバーを通したものです。
2点光ってるのわかりますかね?
その下に続いてる光の末端部分がLED部分なのですが
このLEDと光ファイバーの接続はホットボンドで行ってます。
最終的にはこのLED部分の発光は上から塗装するなり
パテで完全に密封するなりして機体外部に光を漏らさないようにさせます。
しかしこの機体は開口部が非常に多く内部を見やすい構造なので
配線やLEDの配置など難問が山積みです。
今の所電飾の進み具合はこんなところです…

次にモーターライズ…



b-17f014



モーターの方はアルミパイプで軸の延長をしました。
勘違いしてましてモーターの軸径が0.8ミリに対して
買ってきたパイプの内径が1.0ミリ…
0.2ミリほど大きい物を購入してきてしまいましたが
アルミパイプですから潰せば何とかなるかなと
ラジオペンチで末端を潰して調整したものを
瞬間接着剤でくっつけました。
今のところは問題がないようで結構強引に引っ張っても外れる様子もないです。

それから機体側はモーターの軸が出る部分を穴空けしたのですが
精密な工作はしていないのでアルミパイプの軸より
0.5ミリほどオフセットした2ミリ径の穴を空けました。
この部分とモーターの設置場所は非常に重要で
これらがうまくいかないとプロペラが綺麗に回りませんが
僕の場合はすごい適当ですw
ですが今回は同時に4発も回しますのでこれから相当苦労することにんると思います…

そのモーターの設置なのですが
エンジン内部部分にモーターの大まかな設置場所を設けました。
実機で言うならエンジンマウントですかね?
最終的にはパテとかホットボンドで微調整しながらの固定になりますので
あくまで大まかなものです。



b-17f015



本当に適当w
プラ板切り出してモーターの半径ぐらいの位置に接着して
重量をかけてもいいようにホットボンドを注入…
本当ならきちんと計測してプラ板を積層させて冶具を作った方が良いのですが
非常に面倒ですし最終的には微調整しないといけないですから
本当に適当ですw
そもそも軸だって完全に芯が出ていないのでこれで良いのですw
バカボンのパパだってそう言ってるでしょ?w

ってわけですごい問題山積みですねw
備忘録代わりに書いておくと…

●電飾の配線問題とLEDの設置とメクラ
●機体側のメクラ
●モーターの設置と微調整
●プロペラを付けて実際にきちんと回るか試験と調整
●内部ディティールの為の工作
●重量増加による強度問題
●塗装時のマスキング問題

とまだまだ出てきそうですがやっぱり通常のプラモ以上に面倒ですね。
でも楽しい!w



【2010/02/01 23:52】 ハセガワ 1/72 B-17F メンフィス・ベル | TRACKBACK(0) | COMMENT(5)
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。